ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチ〈姫雀蜂〉 
Vespa ducalis
ヒメスズメバチの働き蜂 
体長:22〜37mm スズメバチの中でオオスズメバチに次ぐ大きさを誇るヒメスズメバチ。警戒心が強く、人が巣に近づくとすぐに威嚇行動をとるが、攻撃性はそれほど強くなく、毒も弱い。

性格:警戒心は強いが、多種ほどに攻撃的ではない。


危険度(10段階):★★★★★★(LV:6)

営巣場所土の中や樹洞のほか、住宅であれば屋根裏や、床下などの閉鎖空間に巣を作る。

※危険度は当社独自の採点である為、営巣場所などの条件によっては上下いたします。
ヒメスズメバチ 卵から女王まで.jpg
左から
卵、幼虫、初期の蛹、中期の蛹、後期の蛹、働き蜂、女王蜂

 

 

ヒメスズメバチ.jpg

【 見分け方 】

全体に茶色っぽさが目立ち、お尻の端が黒いので、他のスズメバチとの区別が容易に出来る。

 

 

【 刺傷の被害 】

閉鎖空間に営巣する為、人間に対する刺傷被害は少な目。

攻撃性もそれほど高くない為、よほどの事が無い限り刺される心配は少ない。が、体が大きく針も長い為、刺されると被害は甚大。

 

 

 

【ヒメスズメバチの生活史】

他のスズメバチとの大きな違いに、エサがあげられる。

通常スズメバチ類の働き蜂は、他の昆虫全般(コガネムシ、セミ、クモ等)を捕獲し、巣の幼虫に与える事が多いのですが、このヒメスズメバチはアシナガバチの巣にいる幼虫のみを捕獲し、自らの巣に持ち帰り、幼虫に与えます。

そのため、同種の活動時期はアシナガバチの活動時期である5月〜10月頃に合わせるようにスズメバチの中で最も短い。

また、巣の大きさは比較的小さく、成虫の数も多くて100前後と他のスズメバチに比べ、規模はとても小さい。因みにアシナガバチの成虫を襲うことはなく、その幼虫や蛹の体液を持ち帰り、幼虫に与える。

 

 

【 人間の暮らしとヒメスズメバチ  〜巣を作る場所〜】

ヒメスズメバチの営巣場所は民家であれば屋根裏や床下、樹木の穴の中などの閉鎖空間。

経験上どちらかと言うと低い位置に作る事が多いように思いますが、二階の屋根裏に営巣していたケースもあります。

よく人が通る場所から出入りしている場合などは多少の注意は必要ですが、そうでない場合は放っておいても

問題はないかもしれません。他のスズメバチに比べて早い時期にいなくなってくれるはずですし・・・。

 

 

坂戸市 床下スズメバチ駆除 (3).JPG アシナガバチの巣を襲うヒメ.jpg
下駄箱の床板裏に営巣したヒメスズメバチの巣 アシナガバチの幼虫を専門に狩るヒメスズメバチ。
ちょうど巣を襲いに来ている所。2013年撮影。

 

マンション屋上で捕獲したヒメスズメバチのオス

こちらの動画は2017年10月に撮影したもの。ヒメスズメバチの婚活は特徴的でして、高い建物などを出会いの場の目標物としてオスとメス(新女王蜂)が集まります。動画でご覧いただけるように、周囲にこのマンションと同等もしくはそれより高い建物が全く御座いません。

ヒメスズメバチの"婚活"は、こんなに高い場所で行われています。

因みに動画の中で私が素手で持っているのは、オスのヒメスズメバチです。蜂の針は卵管が発達したものなので、そもそもオスは針を持っていないのです(だから素手でも持てます)。婚活に来て私のようなオッサンに捕まるというのもかわいそうなので、この後逃がしました。

蜂駆除屋さんより追記

住宅街でよく見かけるコガタスズメバチやキイロスズメバチに比べて全体が黒っぽい印象のヒメスズメバチ。

性格はおしとやか?でありまして、私はこの種類に刺された事はございません。

見た目も派手ではないのですが、じっくり見てみると茶色が綺麗で、何故かこの種を見ると嬉しくなります。

名前も素敵じゃないですか、ヒメスズメバチ。 私は姫が好きなんです(^^;)

その他のページのご案内

⇒埼玉県坂戸市で駆除したヒメスズメバチの写真つき施工事例はこちらをご覧ください。

 

料金について
 
当社の特徴
 
お客様の声
         
料金については.jpg   特徴について.jpg   お客様の声.jpg

弊社の料金掲載ページはこちら

をご覧ください。

 

他社とはここが違う!

弊社の特徴とは!

 

お客様よりいただいた声をまとめ

ました。

問合せバナー2017.jpg

▲このページのトップに戻る