スズメバチの巣による種類の見分け方

埼玉県内でご依頼を頂くことの多いスズメバチの種類を、巣で判別出来るようにまとめてみました。

 

 

1 蜂の巣の全体が見えているかどうかで大別できます。

 

 

蜂の巣は樹木や軒下にぶら下がっているなど、全体が見えている

⇒【コガタスズメバチ】か【キイロスズメバチ】の可能性が高い

巣の全体が見えている場合はA.jpg

 

 

蜂の巣は見えないか、一部のみが見え、家屋の通気口や樹木の穴または根本から出入りしている蜂がいる

⇒【オオスズメバチ】【モンスズメバチ】【ヒメスズメバチ】【キイロスズメバチ】の可能性が高い

巣が見えない場合はBへ.jpg

 

 

 

 

 

 

 linkA.jpg巣が見える所にある場合 


概ね以下の【コガタスズメバチ】か【キイロスズメバチ】のどちらか


コガタスズメバチ

樹木の枝や、建築物(特に軒下など)にぶら下がった巣がある場合はコガタスズメバチの可能性が一番高いです。

巣の外側にくっついている蜂は居ないかほんの少しだけで、ほとんどは中にいるか、外に出掛けています。

私の経験上、コガタスズメバチは特に椿・サザンカ・金木犀などの常緑樹に巣を作りたがります。その他、木の種類を問わず生垣にはよく作ります。

樹木内のコガタスズメバチの巣 三郷市 コガタスズメバチ駆除 (3).jpg 幸手市 コガタスズメバチ (4).jpg
椿に営巣したコガタスズメバチ 窓にピッタリくっつけて作る場合も 8月頃の巣の状態です。巣の表面には一匹もおりませんが、中には大量にいます。

コガタスズメバチについて生態や特徴など更に詳しく知りたい方はこちらをクリック

蜂の巣は時期により見た目が全然違います。

5月に上尾市で駆除したコガタスズメバチの施工事例はこちら

7月に坂戸市で駆除したコガタスズメバチの施工事例はこちら

8月に川島町で駆除したコガタスズメバチの施工事例はこちら


キイロスズメバチ

主に軒下などに巨大な巣を作る種類として有名です。

初夏には間違いなくなかったのに、ある時いきなり大きな巣が出来ていたら、おそらくキイロスズメバチです。特に家のすぐ裏が山であったりすると、巣を作る場所として狙われます。

まだ仲間の少ない営巣初期は屋根裏や、壁の中、木の幹内部など、暗い場所を好んで巣を作る事が多いです。仲間が増え、巣が大きくなってきたときに、巣の周囲にスペースがなくなってくると、軒下等の広い場所に引っ越して大きな巣を短期間でこしらえるのですが、その際には一階よりも二階の軒下などの高い所を特に好む傾向にあります。

巣の外側には、常に沢山の成虫がくっついてうろうろします。とても攻撃性が高く神経質であるため、巣に近づくだけで警戒して中からどんどん出てきて人を刺します。

飯能市 キイロスズメバチの巣 日高市 軒下のキイロの巣 鳩山町 キイロスズメバチ (5).JPG 
倉庫屋根下に営巣したキイロスズメバチ。表面に多数の蜂。 埼玉県飯能市にて。 日高市で民家の軒下に営巣した巣 わかりずらい画像ですが、やはり表面には多数の蜂がいます。 細い枝が沢山ある低木に作る事もしばしばあります。 ※この画像の巣だけは駆除後の撮影となった為、表面に蜂はいません。

キイロスズメバチについて生態や特徴など更に詳しく知りたい方はこちらをクリック

蜂の巣は時期により見た目が全然違います。

6月に杉戸町で駆除したキイロスズメバチの施工事例はこちら

7月に入間市で駆除したキイロスズメバチの施工事例はこちら

10月に鳩山町で駆除したキイロスズメバチの施工事例はこちら

 

linkB.jpg 巣が見えない場所にある場合


木の根元(地面)から出入りしている⇒オオスズメバチ
木の幹などに空いた穴や建物の通気口など外部に空いた穴から出入りしている⇒モンスズメバチ キイロスズメバチ ヒメスズメバチ


オオスズメバチ

日本どころか世界最強の呼び声高いオオスズメバチ。ハイキングやキャンプなどで山へ出かけた際に刺される被害が多い。巣は大木の根元などに空いた空洞部分や、剪定枝を地面に積み上げた中等に作る事が多いです。自ら土を掘る事(一粒ずつ運び出す)事が出来る為、土の中に巨大な巣を作ります。

危険度も最強クラス。他の蜂は巣に近づかなければそれ程襲っては来ませんが、この種類は餌場に居る一匹でも人間に向かってくる事があります。駆除は大変。

加須市 オオスズメバチ駆除 (1).JPG 上尾市 ナインアーチェリークラブ オオスズメバチ (2).JPG 倒木下の巣から出入りするオオスズメバチ.JPG 
空き地に堆積した剪定枝の中に営巣。外からでは巣は全く見えません こちらは土の斜面に空いた空洞内に巣があります。  倒木の下に作った巣から多数出入りするオオスズメバチ※画像クリックで大きくご覧いただけます。

オオスズメバチについて生態や特徴など更に詳しく知りたい方はこちらをクリック

蜂の巣は時期により見た目が全然ちがいます。

6月にさいたま市で駆除したオオスズメバチの施工事例はこちら

9月に加須市で駆除したオオスズメバチの施工事例はこちら

10月に上尾市で駆除したオオスズメバチの施工事例はこちら

 

モンスズメバチ

民家や木の幹内部に巣を作りたがる種類です。他の蜂に比べ、多少の暗闇でも活動可能なのがモンスズメバチ。屋根裏など建物の閉鎖空間や木の幹に出来た穴(うろ)に巣を作ります。通気口などから頻繁に出入りしているハチがいた場合、同種の可能性も考慮する必要がある。

東松山市 モンスズメバチ (1).JPG   木のうろに作られたモンスズメバチの巣.JPG   木のうろに作った巣から出入りするモンスズメバチ.JPG

民家の屋根裏に営巣したモンスズメバチの巣。向かって左の大きい巣が訪問時に営巣中であったもの。残りの二つは前年以前の空の巣

 

狭山市内を流れる入間川河川敷にて、大木の内部に巣を作った例。入口となる隙間が大きすぎる場合、写真のようにカーテン状の覆いをする。巣の本体は内部にある。

 

寄居町の神社にて、木の空洞内に営巣したモンスズメバチ。玄関となる穴より頻繁に出入りする様子がうかがえる。※クリックで大きな画像をご覧いただけます。

モンスズメバチについて生態や特徴など更に詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

東松山市で民家の屋根裏に営巣したモンスズメバチ駆除の施工事例はこちら

スズメバチの成虫の特徴で見分ける方法

1 腹端(針が出てくるところ)の色を見る ⇒黒ならヒメスズメバチ。黄色なら2へ

2 複眼の間にある単眼(三つの点)周辺の色を見る⇒黒なら3へ。黄色なら4へ

3 小楯板(背中と尻尾の間)の色を見る⇒黒ならモンスズメバチ。黄色ならキイロスズメバチ。

4 頭楯の下端の突起数を見る⇒3個ならコガタスズメバチ。2個ならオオスズメバチ。

 

スズメバチの見分け方.jpg

スズメバチの詳細ページはこちら

オオスズメバチ   - 蜂界の首領 -

コガタスズメバチ  - 人の近くに堂々と巣作り -

キイロスズメバチ    - 軽量級の暴れん坊集団 -

ヒメスズメバチ    - 見えない所にひっそりと -

モンスズメバチ      - 夜間もOKのスナイパー -

オススメページのご案内

当社の特徴
 
料金について
 
ハチ駆除事例集
         
特徴について.jpg   料金については.jpg   駆除事例について.jpg

他社とはここが違う!蜂駆除サービスの特徴をまとめました

 

料金についてはこちらをご覧ください

 

豊富な蜂駆除事例集はこちら

問合せバナー2017.jpg

▲このページのトップに戻る